「窓*mado」 は 「mike*」のブログです。へたな写真ですが著作権は捨てておりません。リンクはフリーです。


by mado_nf

明治に呼ばれたかな?

この春、実家で片づけ物をしていると
古い布製の手帳がでてきた。

手帳の表紙には薄く消えそうになった名前(名字の上は消えてます)が書いてあります。
その名前はわたしの父の父親、わたしの祖父ですね。

d0114517_15544561.jpg



d0114517_14153473.jpg
d0114517_14161162.jpg


しらべてみたらこれは「軍隊手帳」なのだそう。

この手帳にはおじいちゃんの個人情報が記載されています。


「岐阜県 平民」
明治14年7月24日生まれ。

明治14年は西暦何年?
しらべてみたら1881年で生存なら132歳。


父親の話によると、おじいちゃんは2年の兵役をおえ帰宅したそうです。
無事に帰ったのでこの手帳がのこったんだね。

それ以前のわが家の記録・家系図などと言うりっぱなものはないのだから
まちがっても貴族でないのはわかってましたが、りっぱな平民でした~(*^。^*)
そしてこれはわたしのルーツを記したものになるのではなかろうか。


う~~~ん、わたしの子どもたちには祖祖父の記憶はありません。
わたしだって、母親が嫁いできたときすでにおじいちゃんは亡き人だったので、遺影でしか見たことがないです。

身近なひとが存在したという記憶は、何代目まで残るものなのだろう…
最近、そんなことをよく考えます。


明治村に軍隊手帳の展示もありました。

ことし、「明治村」に行くことができたのは
なにか見えないものに導かれたのかもしれないなあと、手帳をみながらすこおし、考えたのです。


d0114517_9534773.jpg
歩兵第六聯隊兵舎 @明治村・7/1













..... Ads by Excite .....
[PR]
by mado_nf | 2013-08-14 08:30