「窓*mado」 は 「mike*」のブログです。へたな写真ですが著作権は捨てておりません。リンクはフリーです。


by mado_nf

「おまじない」


今日は「2015.1.14」のつづきです。

そのまえに、日曜日の朝刊には『中日新聞サンデー版+テレビ』がついてくるのですが
1月18日(日)のタイトルは「瞑想」となっていました。

瞑想が世界的ブームなんですって。しらなんだ.....


◇証言3・母


伯母さんに訊き、従姉にも訊いた。

ほかにはどうだろう?
だれか、わたしのおじいさん・おばあさんのことを知っている人はいないのか?


と、やっとここで、そうだ!
家にはおじいさん、おばあさんの娘がいる!

「すんだことは忘れたほうがええやねえか…」
なにかにつけてそう言うわたしの母親から昔話はなかなか聞けない。

認知症もあるから今ひとつ信憑性にはかけるけどなあ。と、いままで訊かなかったけど。



訊いてみた。

「おこのさ(母方祖母名)、おばあさんには霊感があったの?」
「しらん、なんにもきいとらへん(しらない、そんな話は何も聞いていない)」


これはあかん、やっぱり無理か?

おじいさんのことを訊いてみることにする。


「おじいさんは近所の人の歯を治したったの?(なおしてあげたの?)」

はっとした顔になり
「おじいさんが、おまじないしてやるとよう治った…ほんで近所の人が何人もござった(それで近所の人が何人もいらっしゃった)」
ちょっと誇らしげだ。

「霊感やのうて、おまじないやの?どんな呪いを言っとたの?」
「わからん、そばに行かなんだで聞いたことこともねえ。ごにょごにょとなんやしらん言っとった」

「病気も治ったの?」
「そんな力はあらへん、歯は治しとった…」


う~~~ん、おまじないかあ。。
霊感とはちょっと違うように思うけど、「呪い師」ってことかなあ。

従姉はおじいさんがなにやら信仰していたというし。
『呪いし』というのなら合点(古いか?)がいきます。



ここで…
文明の利器パソコンの登場~
「歯痛・おまじない」でググってみた。

ありますあります。

「アビラウンケン・ソワカ」
呪術の一種でお呪いの言葉がでてきました。

このような歯痛を治すお呪いがあったことがわかった。
「アビラウンケン」は、密教の中心である大日如来の真言であることがわかりました。

おじいさんの時代に田舎に歯医者さんはありません。
お呪いで歯痛を治す人がいても不思議ではありませんよね?


おじいさんはこの密教に通じていたということかな?

さっそく「アビラウンケン・ソワカ」を母にたずねる。

「もにゃもにゃ言っとっただけで、なに言っとったかわからへん」
そんな昔のこと忘れてまったとでも言いたげにヘラヘラとわらう。



...つづく。













..... Ads by Excite .....
[PR]
by mado_nf | 2015-01-22 12:51 | 気になるもの