「窓*mado」 は 「mike*」のブログです。へたな写真ですが著作権は捨てておりません。リンクはフリーです。


by mado_nf

これも冒険?・紙オムツの巻。


右第5中足骨
まるで冒険
まるで魔法

※以下は、上のリンク先のお話しのつづきです
ながいので、お忙しいかたはスルーしてやってくらはい(=^・^=)

-------------------


冒険と言えばRPG
なんども書いてるかもしれませんんがRPGは大好きです037.gif


RPGと言えばフィールドでの魔物との戦闘がありますよね

戦闘、それは闘い、戦です

もう何年もNHK大河ドラマは観ていませんでしたが
ことしは「真田丸」を見ています
なんだかRPGをみているような展開にわくわくしています
と言うことで…


去年の大参事の骨折はmikeにとって「大戦」でありますので
「平成27年・mike*骨折、夏の陣(骨折をボルトでとめる手術)・冬の陣(抜釘手術)」
と呼んでみたいと思いまする~043.gif

※以下、どちらかといえば恥ずかしいmikeの赤裸々告白。苦手なかたはご遠慮くらはい040.gif



****************


 @骨折・夏の陣「紙オムツの巻」 

骨折をボルトで留める手術の日
案内された病室でその日の手順をきいて

手術着に着替えるなど準備をしていると
「手術後は一晩トイレにいけないのでオムツか管どちらかになりますがどうしますか」と尋ねられ

「オムツ!でお願いします」即答しました(^_^;)

なぜって

お産のあと
管をいれて膀胱炎になったことがあるからです

それにじつは「おばあちゃんの紙パンツ」(オムツとパンツはちがうやろ~)
で実証済みなので大丈夫なのだ(⌒~⌒)



*

これは余談だけれど
10年ぐらい前。鉄工所で働いていたとき

現場仕事で田畑のまん中の工場の仕事に行きました
そこは外付けのトイレがなく
日曜の現場だったので事務所はあいておらず
トイレを借りることもできない

男性はのっぱらで、立ちCCでいいけれど
コンビニやスーパーも車で移動して10分以上かかるというし
どうしようということになって

工場の影になるところに
草むら(この草が結構背が高く150㎝のわたしを優に超える)があり
そこに運よく側溝があたので
奥さんとふたり交代で用をたした経験があります(野CC?)

そのときから「ぜんぜん平気やわ大人用の紙パンツ欲しいよね~」となり
奥さんもわたしも紙パンツやオムツに抵抗ありません

だから断然「紙オムツ」希望です(*^-゚)v

*



手術が終わって病室のベットに寝かされると
なにやらゴソゴソいうのでパンツを紙オムツに交換するのがわかりました

「でたら呼んでくださいね」と看護師さんは言うのですが
だからと言ってすぐに尿意をもよおしたわけでもないんです

下半身麻酔、なかなか抜けないんですね

なんとなく腰のあたりが動かせるようになって
お尻のあたり…と下のほうに順に麻酔が抜けていく感じがわかってきて

重かった下半身が少しづつ動かせるようになって
尿意も感じるようになったのは夜も10時を過ぎたころでした

はじめて息んでみました
じょわあ~~~~~~っと温かいものがでん部に伝うのを感じ看護師さんを呼びました


そして交換

「お尻、持ちあがります?」と看護師さん
「う~~~~~んと、ちょっと待ってくださいね…やってみます!」

ベットの両サイドの柵に手でつかまり
両足でふんばって、よっこらしょと腰を浮かすことができ
無事、オムツ交換は済んだのでした(#^.^#)

これで朝まで尿意がなければ、朝は自力でトイレに行ってもいいと言われ
嬉しかったのですが
なんと、もう一回尿意をもよおしてしまったmike

なんじだったか忘れましたが
2回目は1回目よりもじょうずにお尻を持ちあげることができ
満足なmikeでした

朝目が覚めて
検温もすんだころ、恐る恐る起きあがり
24時間連続のキャスター付き点滴をひいて
そろりそろり、歩いてトイレに行ってきました

手術後は紙おむつを使用することがあるとは
経験してみないとわからないものですね

こんな術後のちょっとした冒険? で
トイレで自力で排泄できる喜びを知った夏でした(^_-)-☆













..... Ads by Excite .....
[PR]
by mado_nf | 2016-04-26 10:31 | 覚え書き