「窓*mado」 は 「mike*」のブログです。へたな写真ですが著作権は捨てておりません。リンクはフリーです。


by mado_nf

<   2008年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

暮れていく。

d0114517_22262421.jpg


さあ.......あしたも元気に。




あしたから帰省です。。

みなさんよいお年をおむかえくださいませ~。
らい年も、よろしくおねがいいたしまするぅ~´〇`
[PR]
by mado_nf | 2008-12-30 22:25

夜明け前

「木曽路はすべて山の中である」
有名な冒頭はしっていましたが、作品を読んだことはありません。
d0114517_931418.jpg
d0114517_9314018.jpg


山の斜面に段々の田畑をみるとき、いつも思いだすのは「龍の子太郎・松谷みよ子/作」です。母をなくした少年が、母を探しながら冒険し成長していく物語ではありますが、五穀豊饒を願う物語でもあると聞いたことがあります。



物語のはじまり、「ひとつぶは千粒になれ。ふたつぶは万粒になれ。」と、祈るように豆をまく、まずしくすみにくい村の生活が描かれています。

きびしい山の暮らしでは、採れたものはみなでわけあう。3匹の岩魚をひとりで食べたものは竜になる。
身重の空腹に耐えきれず、3匹の岩魚を一人で食べてしまった太郎の母は、古い言い伝えどおり竜になってしまいます。

d0114517_9451567.jpg
d0114517_9453838.jpg

「いわなはたった3匹しかいなかったのだよ。それを、誰かが食べて、
誰かはひもじい思いをする、そんなことはゆるされない。苦しい山の暮らしの中の、それは掟なのだよ」

太郎は、やっと探しあてた母から竜になった訳をきかされると、「ちがう、ちがう。おらがいいたいのは、もしそのとき、百匹あったらってことなんだ。うんまい、米のにぎりめしが百あったらってことなんだ。」と、母の話にじだんだふみます。

それだけあったら、みんな腹いっぱい食べて、誰が余計食った、などと言わなくてすむでしょう。…イワナ3匹食べたからと言って、自分は人間ではないと、自分を責めずにすむでしょう。

貧しい山の暮らしが、太郎の胸にこみあげ、「そうなのだ。だからおらは、広い土地が欲しかったんだ。」とほおを熱くします。

※引用、講談社青い鳥文庫「龍の子太郎・松谷みよ子/作」

わたしは祖母について肥担ぎをしたことがあって、段々畑の苦労もわかるので、まだ子どもたちがちいさかったころ、読みきかせをしていたのですが、とくにこの場面はいつも嗚咽してしまい、読みつづけることができませんでした。

時代錯誤かもしれませんが、帰省するたび、ゆっくりだけれど確実に変わってゆく田舎暮らしを見るたびに、太郎の物語を思い出しては、鼻のおくにつんとするものを感じています。

…「夜明け前」とはぜんぜん関係のない感想になってしまいました~^^; 

この近辺の中津川に嫁いでいった友人がいます。いつだったか同窓会のおり、「いいとこだよね~」となにげなくいうと、「遊びに行くにはね~」とかえされた。それにかんしては実家方面もおなじですけどね´〇`。
[PR]
by mado_nf | 2008-12-29 09:55 | ふぉと

出身野良ネコ

d0114517_19214796.jpg

[PR]
by mado_nf | 2008-12-28 19:21 | 猫猫な暮らし

出身飼いネコ

d0114517_1915960.jpg


d0114517_19164681.jpg

[PR]
by mado_nf | 2008-12-28 19:17 | 猫猫な暮らし

親離れ・子離れ

ひとりぐらし  なんて甘美なことばだろ

だれにも干渉されない 
自由があふれんばかりにつまっているかにみえる

わたしは憶えている 
 
そのことばはとおくで ひらひらと手まねきをしていた


d0114517_23435472.jpg
※夏撮影


ある意味、家のなかに、ちいさな居心地の悪さを抱いている子…
こんな家でていってやる~!!!
などという勢いがないと、独立心は育たないのではないかと言うのが持論で。



それにあてはまるってことか…むすこ。

じゃあなにか、彼奴にはここは居心地悪かったってことなのか...うむむ。

エアコンは一台しかない。夏には5人が雑魚寝。年頃になってもプライベートな部屋もない。これじゃあしかたないってことか。






え?今夜も夕飯いらんって?…もう用意したのに!
え?今夜は家で食べる?…量少なめにしちゃったよ!

なになに?泊まって来るだって???
オールでカラオケ?
…っていったって、母は夜中に目がさめるだろ!!!

で、あしたは5時に起こしてくれだって?



今日は中学の、今日は高校の、今日は同期の…エトセトラエトセトラ。



男ってやつはこんなもんなのか…(なんど思ったことだろお)。
まったくもって母は落ち着かない。



着々と 勝手に 計画を立て 引っ越していった彼奴。
入社後一年は自宅からと思っていたので、ちょっとばかり早くなったと思おう。

これですこしは静かになるってもんだ。
あ~せいせいした。


せまいと思ってた部屋が こんやはちょっぴりひろい…。
今夜の部屋はなんてひろいんだ 大の字になって寝てやるぜ~~~。
[PR]
by mado_nf | 2008-12-27 16:18

メリークリスマス☆

d0114517_8312732.jpg



キャッスルショー「ジョリースノータイム」は今日がラスト公演です。音楽はとっても楽しくって、ストリーはちょっぴりせつないクリスマスショーでした。なごりおしいなあ、さみしいなあ.......もっとみたかったなぁ。






11月にTDLにいったとき、このショーの座席の抽選にはずれました。
d0114517_1913093.jpg

お城を中心にせり出したステージ。抽選席のまわりには立ち見の場所取りもされていて、デルタ状にひろがったおびただしい数の人の波。背の低いわたしには背伸びしてもみえない。


場所とりの人のあいだを縫って、通路は確保されているので、人垣の頭の隙間からときどきのぞくことのできる場所をさがしながら、歩きながらのショーを楽しむことにしました。


d0114517_831069.jpg
すると
ステージのすそでお行儀よくならんで出番を待つ、スノーマンをみることができました。


d0114517_18141731.jpg
正面からの、ミッキーさんたち主要キャラは、写真におさめることもできなくて残念でしたが、このスノーマンたちも動きがコミカルでなかなかかわいかったんです。


d0114517_18143831.jpg
スノーマウスの退場するところもみれました。ダンサーのかたがこちらにも気づいて手をふってくれたりもするので、ステージ裾といえども見物客はおおぜいで、立ちどまってみつづけることはできませんでした。

この日は午後から雨で、楽しみにしていたショーは午前のこの1回きりでした。とおくから一部分だけの鑑賞でした。でも写真や、ユーチューブ鑑賞ではとてもとてもつたわらない、そこにいるというのは、臨場感はたっぷりで...。

思い出深い「ジョリースノータイム」になった、11月24日のこと。
.....楽しいじかんをありがとう´〇`
[PR]
by mado_nf | 2008-12-25 15:51 | 気になるもの

おしらせ。

d0114517_11324417.jpg
「夢よ、ひらけ。」応援ふぉと…「キャラクター」
12/24・ようやくアップしました´〇`

どうぞこちらです。
[PR]
by mado_nf | 2008-12-24 11:31 | ※おしらせ

ふすぶる

d0114517_1744770.jpg




d0114517_17181642.jpg

けむくて 煙くて ふすぶりくさいなあ   ぁぁ目に沁みる





d0114517_1751475.jpg

薪をくべるにおいがした


※馬籠宿にて
[PR]
by mado_nf | 2008-12-20 17:07 | ふぉと

冬のはじめの宝石

赤い実…
d0114517_16525112.jpg


d0114517_16531528.jpg




それから 甘い実。。。
d0114517_172622.jpg



※妻籠宿にて
[PR]
by mado_nf | 2008-12-20 16:58 | ふぉと
11月の初めごろ、仕事で中津川方面にでかけてきた夫は興奮気味に言った。
「めちゃめちゃ紅葉がキレイやった!もう2週間もしたらもっとええでいこ!」

その2週間後わたしは東京に行ってしまい、今年は紅葉見に行けれんなって思ってたんだけれど…。

12月7日行くことができました…が。
d0114517_15521784.jpg



ほどなく紅葉はおわり、車はノーマルで、むかった妻籠・馬篭方面はうっすらと雪景色が~。
ちょっとどきどきしながら、散策してきました´〇`
d0114517_15523131.jpg



これもすこしづつアップ予定です…。
[PR]
by mado_nf | 2008-12-19 15:53