「窓*mado」 は 「mike*」のブログです。へたな写真ですが著作権は捨てておりません。リンクはフリーです。


by mado_nf

<   2009年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

そろそろマンガネタ

こんな本がでました^^v

ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)

美内 すずえ / 白泉社



やっとでたよ~。
それ以前の全巻読みかえしたいわ~。
[PR]
by mado_nf | 2009-01-31 17:08

フォトアルバム

d0114517_1650235.jpg

デジ一買ったので、空や夕焼けの写真をたくさん撮ったけど、どうやってアップしようか考えていました。

ここに一枚ずつ貼るのもなんか・・・。
ヤフーのアルバムアップもほんとは思ってるのとちとちがうし。

フラッシュじゃなくてもいいの。
ふつうにみられるもの、クリックしてただすすむだけ、でもサイズは大きいのが貼れる、なんてのが理想だけど・・・。


などなど、いろいろ迷ってたら、最近 「デジブック」なるものを発見!


ちょっとどうだろう、やってみようかな~。

って、登録してみたら。


ブログに貼れるって書いてあったけど、なあんだ・・・エキサイトに対応してないんだってさ。
あ~つまんない......。

せっかく「08・空」アルバムにしたのにな。
[PR]
by mado_nf | 2009-01-31 16:36 | 気になるもの

娘と息子

4日間お休みが取れたといって、正月休みのなかった次女が、8か月ぶりに帰っています。

おねえが帰ってきたから家族で食事に行くよ!

そういって、暮れにひとり暮しを始めた息子を呼びつけて、これもまた8か月ぶりの家族の時間。


娘がそこで布団に寝ていると、いつもそこにいるかのような錯覚。

娘はほんとうに東京で暮らしているのだろうか?
おはようと起きあがって学校に出かけるかもしれない...と思えてくるから不思議。

こんど家族で食事をするのはいつだろお.....。


おもえば、結婚して家をでてからわたしや夫の両親も、こんなふうに子どもを待っているのだろうにと、ふだん、もうほかっておいてほしいと両親をうざったく思うこともあるのに、妙に親心を理解したりしています。

親孝行しなあかんねぇ.......。




今日の午後に帰って行く娘は、今はまだ寝ています。
[PR]
by mado_nf | 2009-01-29 09:28

七日正月のつづき...

七日正月・・・こんなことを書きかけたのですが、じつは、写真が間にあいませんでした。

一月のうちにアップしないと~~~って、ちょっとあせりました(笑)。


d0114517_10213253.jpg

自治会の防犯委員をやっていたある年、新入居者という方から、ひどい煙の上がっている家があるが火事ではないか、だいじょうぶですか?…という電話をもらったことがあります。

いえいえ、あの家は酒蔵で、いまは仕込みの時期で酒造りが始まったんですよ、と答えました。

毎年11月もはじめになると、早朝ベランダからみえるもくもくの湯気。
ああ今年もまた杜氏さんがはいったんだな…新米が収穫されたんだなと、実りの秋を感じるときです。



d0114517_942969.jpg
出来上がりました、「初しぼり」♪
12月から売り出されます。

ふだんはビール発泡酒ですが、このときは年賀用に数本買うので、ついでにわたしも小さい瓶で一本買います。

さらりとして甘く感じます、新米の新酒はいいね~。
利き酒できるわけではありませんが、このお酒は美味いと思うわ´〇`



d0114517_9415433.jpg
お酒はとっても美味ですが、お酒の横のぐい飲みも気になりません^^?


長女がまだ大学生で、吹きガラスを勉強していたころ知ったブログ「京都ガラス工房「GLASSROOM」主人の徒然日記」・・・こちらでは、くわしく吹きガラス制作のようすが紹介されています。

当時、娘がいろいろ制作過程を話してくれても、見たことも聞いたこともない道具や、制作のようすはなかなか想像もできなくて、いまひとつ理解できませんでした。

そんなとき、写真いりで紹介されている記事を読んで、いまこんなことをやっているのか、これはこうやって造ったのかと、興味深く拝見し、娘の勉強を見ているようでとても楽しませていただいていました。

それからもときどきおじゃましていた去年のある日のことです。「お日様の下へ」こんな記事のなかの写真にはひかりゆらめくひとつのガラス杯がありました。

新酒にガラス杯、これはきっと、もっともっと初しぼりが味わえるはず…♪
あ~こんなぐい飲み欲しかった~と、初めてこちらで購入しました。 


Glassroomのガラスあれこれ ・・・作品の紹介や使用例写真など。
ガラス工房Glassroom・・・工房のHPです、ショップもこちら。


グラスルームさま・・・
色と、親指と人差し指で摘んだときにわずかに窪んだ感触がとてもいいです。吹きガラスはいいなあと思います。とても気に入ってます。妹夫婦にもとても喜んでもらいました。
ありがとうございました´〇`

お餅とヤーコン♪
[PR]
by mado_nf | 2009-01-24 10:15 | 気になるもの

空港で・その4

映画が終わるとあたりはすっかり夜でした。
きらきらとひかる駐車場を撮ってみました。
d0114517_12221839.jpg


そんなとき!空のかなたから轟音が~~~@@
これは飛行機が降りてくるに違いない^^v

ちょうど車を停めたあたりに…!
これは走らなあかんやろ!
d0114517_12223457.jpg

まってくれ~まだおりないで~。
祈りながら、走りながら無我夢中。
ただただシャッター切るmike*でありました。


あとはこんなかんじに…。
とほほ写真ですがせっかくなのでみてね´〇`。
d0114517_12224741.jpg
d0114517_1223264.jpg
d0114517_12231681.jpg
d0114517_12233060.jpg
d0114517_12234394.jpg
d0114517_12235469.jpg

[PR]
by mado_nf | 2009-01-23 12:30 | ふぉと

空港で・その3

d0114517_1243966.jpg
ひろ~い駐車場。
もとは滑走路だったんですよ~。

遠くに雪を冠った伊吹山がみえてました。


d0114517_125356.jpg
なんという親切設計~!!!
飛行機ファンがおおぜい撮影にきていました。


d0114517_1245035.jpg
お子さま連れも飛行機待ってます。
お子さまでないわたしもわくわく^^。


d0114517_1251748.jpg
夕暮れどき、誘導灯のともったの空港はとても綺麗ですね。


d0114517_1254216.jpg



d0114517_1253065.jpg
そろそろ映画の始まる時間になったので、映画館のある建物にむかいました。。。
[PR]
by mado_nf | 2009-01-23 12:15 | ふぉと

空港で・その2

夕暮れのフードコート.....
d0114517_11573214.jpg



d0114517_1157937.jpg


映画の前の腹ごしらえ、幸楽苑のラーメンをいただきました。
お安いですが、昔ながらの味は美味しいです。
[PR]
by mado_nf | 2009-01-23 12:03 | ふぉと

空港で・その1

今年初めての映画は「地球が静止する日」。観に行ったのは空港に隣接したショッピングセンター「エアポートウォーク」にある映画館。そこで写真を撮ってきました。

d0114517_11422968.jpg



d0114517_11433260.jpg



d0114517_11432090.jpg



d0114517_11434468.jpg

[PR]
by mado_nf | 2009-01-23 11:44 | ふぉと

おしらせ

◆Taniai・・・瀬見峡・彩 瀬見峡・瀬見橋あたりで  瀬見峡・文化財のある風景

アップしました。
これで「瀬見峡」はおわりです´〇`
[PR]
by mado_nf | 2009-01-21 22:35 | ※おしらせ

庚申寺

d0114517_23101578.jpg
去年の秋(11.16)実家に帰ったとき、ちょうど祭礼の庚申寺にお参りに行くというのでいっしょに行きました。

d0114517_23102842.jpg



拝殿で、チラと顔をあわせた頭の毛のうすいおじさんが、お参りをしてしばらくのあと、「元気か~!?」と伸びあがってこちらに叫びました。

持ち回りの当番で、年配のおじさんばかりだと思っていたので、見覚えのある顔はまさかとは思いましたが中学の同級生でした。

お互い歳をとりました。ん~それにしても中学の同窓会に一度もでてこないやつですじゃ(笑)


d0114517_2395862.jpg
お供えをいただいてかえってきました。「らくがん」に似たお供えのお菓子、いまは懐かしい、子どものころのままの味でした。



さてさて、年も明けた今になって、どうして庚申寺の話かといいますと…。お寺では、覚え書き程度の写真を撮ってきたのでしたが、せんじつ、いつも写真を拝見している、りんたろうさんのブログで庚申堂という写真をみました。

そこは「身代わり申」のお堂で、お堂の屋根にも猿の置き物があって、「おや?」と思ったのです。わたしの出身地にも「庚申さま」とよばれているところがあるけれど、お猿はみたことがないな~ってね。

田舎で庚申さまとよんでいるのは「庚申寺」で、おなじ「庚申」とつくのになんだろお?…て、気になったのでしらべてみました。こんなときネット検索はべんりですね。

庚申寺で検索してみたら、庚申(かのえさる)信仰や講にいきつきました。歴史にはまったく無関係の土地だと思っていたのですが、興味深く、田舎をちょっと見なおす記事がみつかりうれしくなりました。…ので、この記事書いてみました´〇`


神明講…子どものころ父親は数カ月に一回、「今夜は神明講やでいかなあかん」とか「今夜は神明講の当番やでみんながござる」などと言ってでかけたり、ひとが集まったりする晩がありました。

「またお父ちゃんは飲みに行くんか~」と、子ども心には飲んでさわいでの飲み会…ぐらいにしかうつりませんでしたが。あんがいあたってたんやね~(笑)。

現代のように情報手段のない時代では、たいせつな情報交換の場だったんやろね。でもなんでそれが申なんやろ?そこが気になりますが。いまでも神明講やってるんかな?今度帰ったらきいてみよっと。。。まずは茶でも( ^^) _U~~

[PR]
by mado_nf | 2009-01-20 22:56 | 気になるもの